石鹸 アトピー 悪化

アトピーや肌荒れを悪化させる石鹸の成分って何?

私たちが毎日使う石鹸にはいろいろな成分が含まれています。

 

 

しかしそんな成分もアトピーや肌荒れの方には大敵で、清潔にするどころか、さらなる症状の悪化を招く場合があるので、石鹸選びは内容成分をよく確認して購入しましょう。

 

 

石鹸は本来混じりあうことがない水分と油分に界面活性剤という汚れを落とす働きのある成分を加えて出来ています。しかし、近代になって石油由来の合成界面活性剤が開発されました。製造コストも低く、洗浄力・殺菌効果に優れ現在市販されている石鹸のほとんどに使用されています。

 

 

界面活性剤自体は必要なものですが、この合成界面活性剤の強い洗浄力と殺菌力が肌に必要な皮脂までも洗い流してしまい肌に強い刺激を与えます。
さらにこの合成界面活性剤は分解されにくく成分が肌に残り、肌荒れやアトピーを悪化させてしまいます。

 

 

肌の抵抗力が落ちている人は合成界面活性剤入の洗剤で洗ったシャツに手を通しただけで肌を悪化させてしまう場合もあります。このように肌荒れやアトピーの人は石鹸を選ぶ際にはどんな成分が含まれているかをよく確認してから購入しましょう。

 

 

石鹸を全く使用しなければ肌荒れは改善するのか

 

 

最近、インターネットのサイトなどで石鹸を使わないでアトピー改善ができたとよく見ます。

 

 

そもそもアトピー性皮膚炎がクローズアップされ始めたのは1960年代から始まる高度成長期で、この時代に石油由来の合成界面活性剤入の石鹸は低コストで生産可能で優れた洗浄力と殺菌効果で爆発的に売れました。

 

 

実際にこの石油系石鹸が普及する前の時代にはアトピーの問題はまったくありませんでした。ここにアトピー改善のヒントがあります。

 

 

強い洗浄力と殺菌力は肌に必要な皮脂までも洗い流し、その成分が分解されず肌に残ってしまいます。その肌へのストレスがアトピー性皮膚炎を発症させてしまうのです。

 

 

このようにアトピーの症例が多くなった時代背景とその石油系石鹸の成分を考えると石鹸を使わないことによってアトピー改善は可能になると言われています。

 

最近はアトピー改善を目的とした非石油系の無添加石鹸も販売されています。例えばわたしは、こちらの石鹸を使っています。石鹸を使わないことに不安を感じる人は試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

肌荒れ敏感

 

アトピーや肌荒れを悪化させる石鹸の成分!関連ページ

肌荒れで顔がヒリヒリする原因とケアの方法
肌が荒れて顔がヒリヒリする原因と治す方法について
皮膚の乾燥をひき起こす栄養不足!食べ物で肌荒れは治る?
皮膚の乾燥の原因の栄養不足を解消するためにどうしたら良いの?
レモンエキス配合の化粧品って光毒性があるって本当?
レモンエキスと光毒性について