花粉皮膚炎 肌荒れ

花粉皮膚炎と普通の肌荒れの見分け方ってあるの?

花粉皮膚炎とは

 

 

わたしは(皮膚の)花粉アレルギーも持っています。寒い冬から暖かい季節へ移行していく春の季節。春になると暖かい日差しも差してきて日焼け対策が必要になってきますが、この季節は花粉症や肌のトラブルも多く注意が必要になってきます。

 

 

花粉症を発症すると、鼻水やくしゃみなどの症状が起きますが、花粉による皮膚炎の症状も起きることがあります。

 

 

花粉皮膚炎とは、スギ花粉などのアレルゲンが肌にくっつくことによりアレルギー反応が起き、肌が炎症してしまう症状になります。まぶたや頬骨の部分、また、首などの部分にも発症しやすくなります。

 

 

春の肌は、寒い冬が過ぎ去ったあとでも乾燥していることが多く、乾燥肌になると肌のバリア機能が上手く働かなくなってしまうので、花粉を含む外部の刺激に対しても肌が弱くなってしまいます。花粉皮膚炎は、このバリア機能が低下している肌に花粉が付着することによって起こってしまうのです。

 

 

花粉症の時期に、痒みや赤みを伴う炎症が起きた際には、皮膚科などの専門の医療機関へ足を運び受診するようにしましょう。

 

 

花粉皮膚炎と肌荒れの違い

 

 

花粉が多く飛ぶ花粉症の季節に起きる症状の一つに花粉皮膚炎があります。花粉皮膚炎の症状はかゆみを伴う赤みなどが出ますが、花粉皮膚炎と通常の肌荒れの症状の違いは何なのでしょうか。

 

 

花粉が原因によって起きる花粉皮膚炎の症状の特徴は、発症部分が上まぶたや頬骨の部分、また、アゴや首などの部分になります。見た目の症状としては、ただれたりするのではなく火照ったり、赤くカサカサとした状態で痒みを伴うのが特徴になります。

 

 

春先の季節は、肌荒れもしやすい季節となります。原因は、まだ肌が乾燥しているということに加え、自律神経のバランスも崩れやすく血流に影響を与え新陳代謝が悪くなりターンオーバーが上手くできなくなったりします。

 

 

また、冬に紫外線に当たることが少なかった状態から急に紫外線に当たることにより日焼けによるトラブルも起きやすくなります。

 

 

春は、ただでさえ肌にトラブルが起きやすい季節になります。何か、肌に異常があった際には、自己判断せず医療機関できちんと診てもらうことが大切です。

 

 

花粉皮膚炎の皮膚科での一般的な検査方法

 

 

寒い冬が去り、暖かい春がやってきてホッとするのも束の間。春は、鼻水やくしゃみなどの花粉症に悩ませられる季節でもあります。特に、だらだらと止まらない鼻水の症状は、朝からメイクをばっちりしてもはげてしまい女性で花粉症の方にとっては憂鬱になる季節でもあります。

 

春は、花粉症の症状だけではなく肌荒れも起きやすい季節になります。春は、まだまだ肌も乾燥しており、角質層の水分も少なくバリア機能がきちんと働いていないのでちょっとした外部の刺激にも対応できないことがあるのです。

 

特に、春先の花粉症の季節には、バリア機能が少ない肌に花粉が付着して、赤みや痒みを伴う花粉皮膚炎の症状が起きることがあります。

 

 

春先にそのような肌の炎症が起きた際は、皮膚科に足を運んで頂くことをおすすめします。花粉皮膚炎の検査として、血液検査やパッチテストなどの検査で原因の特定を行ってくれます。

 

 

花粉皮膚炎は、痒みを伴う症状のため、かきむしったりする事で、更に症状が悪化することがあります。肌に異常が現れた際には、早めに医療機関で診てもらうことで肌の早期改善に繋がるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

花粉の季節は、とにかくしっかり保湿↓↓することで大分症状が和らぎます。

 

花粉敏感肌

 

 

花粉皮膚炎の皮膚科での一般的な検査方法関連ページ

花粉症肌荒れの症状。皮膚のかゆみや赤み
花粉症肌荒れの症状。赤みやかゆみが出るとき
花粉症で肌荒れ中の洗顔について。クリームってどうしてる?
花粉症の肌荒れの時は洗顔しない方が良いか、また保湿クリームの使用について。
花粉症のまぶたの腫れと痙攣!
花粉症でまぶたが腫れたり、プルプル痙攣することはありませんか?