花粉症 まぶた 痙攣 腫れ

花粉症のまぶたの痙攣、腫れ症状

花粉症でまぶたが痙攣する理由は

 

 

花粉が由来のアレルギー反応は様々な体のトラブルを引き起こします。その1つがまぶたの痙攣です。

 

 

まぶたが痙攣する原因は、花粉という異物が体内に入ることによって防御作用として体が過剰に反応し、アレルゲンが顔の筋肉と繋がる神経を攻撃しているためです。

 

 

このまぶたの痙攣を防ぐには、花粉を防ぐ専用のメガネやマスクをする、花粉を室内に入れない、加湿器や空気清浄機を導入するなど様々な方法があります。また病院では抗ヒスタミン剤の投与で症状をやわらげたり、最近では注射での免疫療法や舌下療法と言われる体質を改善する療法も話題となっています。

 

 

しかし、逆に花粉対策に対して過敏になりすぎストレスが溜まってしまい、花粉症と並んでまぶたの痙攣の原因となる場合もあります。あまり神経質になるのも結果的に花粉症の症状を悪化させることにもなるので、気楽に構えることも必要ですね。

 

 

花粉症でまぶたが腫れる…><!

 

これはわたしもなのですが、花粉アレルギーでまぶたが腫れます。花粉皮膚炎の人はまぶたの腫れ、経験している人も多いのではないかと思います。

 

人間には体に入ってくる異物を排除しようとする免疫機能があります。

 

 

本来は花粉を異物とは感知しないのですが、アレルギー体質の場合、花粉を異物として捉えこれを排除しようとします。この過剰な免疫反応のことをアレルギー反応といいます。

 

 

花粉症によりアレルギー反応が起こると免疫細胞からヒスタミンという物質が大量に放出され、目の知覚神経や毛細血管を刺激してまぶたの腫れやかゆみ、充血など花粉症の症状を引き起こします。

 

 

もし花粉症でまぶたが腫れた場合は、病院で抗ヒスタミン剤などの投与で症状はかなり緩和されますが、病院にすぐに行けない場合の応急処置としては患部を冷やすという方法が効果あります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アレルギー肌さんにおすすめ、わたしはコレ使っています↓↓

 

花粉敏感肌

 

 

花粉症のまぶたの腫れと痙攣!関連ページ

花粉症肌荒れの症状。皮膚のかゆみや赤み
花粉症肌荒れの症状。赤みやかゆみが出るとき
花粉症で肌荒れ中の洗顔について。クリームってどうしてる?
花粉症の肌荒れの時は洗顔しない方が良いか、また保湿クリームの使用について。
花粉皮膚炎の皮膚科での一般的な検査方法
花粉皮膚炎や肌荒れで皮膚科を受診した時って何をするの?