花粉症肌荒れ症状

花粉症による皮膚のかゆみや赤み

花粉症シーズンに肌のかゆみやかぶれが起きたことはないですか?
これは花粉症皮膚炎と呼ばれる肌の花粉症なんです。

 

 

咳やくしゃみだけでなく皮膚も花粉症になるんです。また、目や鼻をこする回数が増え、これにより肌が刺激を受け、かゆみに繋がっていることもあります。

 

 

 

かゆみの症状が出る人は特に女性に多いそうです。女性は男性と比べ皮膚が薄いことや、メイクやメイク落としにより皮膚のバリア効果が傷つけられやすいのが原因となっているということもききます。

 

 

 

花粉症による皮膚のかゆみを起こさせない対策は、なるべく花粉が皮膚に触れない様にすることが重要です。マスクをしたり、外出から帰った後は顔についた花粉を洗い流すことで予防になりますよ!

 

 

 

それでも肌にかゆみやかぶれの症状が出た場合は皮膚科に行かれたほうがいいでしょう。早めに受診して対策をとることで悪化を防ぐことが出来ます。

 

 

 

最近では、ノンステロイドの医薬品も出ているので、ドラックストアで入手でき手軽にケアすることも出来ます。自分でケアする場合、目の周りなどの皮膚の弱いところは、ノンステロイド成分のものを使われることをおすすめします。

 

 

 

また花粉症皮膚炎はアトピー性皮膚炎持っている人など、肌が敏感な人に多くでる症状です。

 

 

 

花粉症皮膚炎を起こしている時は肌が花粉の刺激により弱くなっている時なので、洗顔する時も刺激を与えずにこすらない様にしましょう。ホイップの様にしっかり泡を立てて優しく包み込むように洗うといいと思います。

 

 

 

化粧水などは肌バリアが弱まっている時にいつもと同じものをつけると刺激が強すぎて、皮膚の赤みなどの炎症を悪化させてしまう恐れがあります。わたしは出来るだけ刺激のないものにし、保湿をしっかりするようにしています。

 

 

花粉症皮膚炎を引き起こしている場合は、長引いたり悪化を防ぐためにも皮膚科にかかられることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

わたしはコレ使っています↓↓

 

花粉敏感肌

 

 

花粉症肌荒れの症状。皮膚のかゆみや赤み関連ページ

花粉症で肌荒れ中の洗顔について。クリームってどうしてる?
花粉症の肌荒れの時は洗顔しない方が良いか、また保湿クリームの使用について。
花粉皮膚炎の皮膚科での一般的な検査方法
花粉皮膚炎や肌荒れで皮膚科を受診した時って何をするの?
花粉症のまぶたの腫れと痙攣!
花粉症でまぶたが腫れたり、プルプル痙攣することはありませんか?