花粉症アレルギーと薬

花粉症と薬について記事一覧

花粉症やニキビの薬、リザベンカプセルの副作用は

リザベンカプセルはキッセイ薬品工業株式会社が製薬している薬です。花粉症などの季節性のアレルギー性にも効能があるようなので、飲んだことがある人もいるのではないでしょうか。主成分は「トラニラスト」と言うもので、各種炎症細胞からのケミカルメディエーター、サイトカイン(TGF-β1)、活性酸素の産生あるいは...

≫続きを読む

 

リザベン点眼液はコンタクトをしたままでも使用できる?

リザベン点眼液はアレルギー性結膜炎の治療に使われています。効能と副作用はどのようなものでしょうか。リザベン点眼液は、抗原刺激による肥満細胞などからのケミカルメディエーターの遊離を抑えて、抗アレルギー作用を示し、目のかゆみ、目やに、充血、まぶたのはれ、ごろごろするなどの症状をやわらげる効能があります。...

≫続きを読む

 

リザベン点眼液は妊婦さんや子供(小児)でも使用できる?

リザベン点眼液の使用を妊婦、産婦、授乳婦などの方がする場合は医師との相談が必要になります。医薬品の注意事項の記述には、妊娠中に使用した場合の安全性は確立していないため、妊婦(特に約3カ月以内)又は妊娠している可能性のある方は使用しない方が良いと書いてあります。マウスの動物実験で、リザベン点眼液の経口...

≫続きを読む

 

アイピーディーカプセルの効果と副作用について

アイピーディーカプセルは大鵬薬品工業株式会社が販売しているカプセル状の飲み薬です。主成分はスプラタストトシル酸塩です。このスプラタストトシル酸塩はTリンパ球に作用することにより、抗アレルギー作用、免疫応答へ作用し、アレルギー反応を抑制してくれる効能を持ちます。気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー...

≫続きを読む

 

ザジテンドライシロップで眠気や副作用の心配はあるの?

ザジテンドライシロップはノバルティスファーマ株式会社が提供している薬です。主成分にはケトチフェンフマル酸塩が使われています。ケトチフェンフマル酸塩は抗アナフィラキシー作用と抗ヒスタミン作用により、アレルギーの原因となるヒスタミンや炎症物質の作用を抑え、気道や鼻粘膜などの組織の過敏性を減らす効能があり...

≫続きを読む

 

花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠の効能と副作用

アゼプチン錠とはアゼラスチン塩酸塩を主成分としている薬です。アレルギー症状を引き起こすロイコトリエンやヒスタミンの遊離を抑え、遊離してしまったこれらの作用も抑えてくれます。それにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状、気管支の収縮による呼吸困難、じんま疹やかゆみなど皮膚症状を改善してくれます。...

≫続きを読む

 

鼻水症状に処方された、セルテクトドライシロップの効能と副作用は

セルテクトドライシロップはアレルギー症状の原因となるヒスタミンなどの産生や放出を抑え、また、そのはたらきを妨げることによりアレルギー症状を和らげてくれます。小児の気管支喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、痒疹の治療などに主に使われています。セルテクトドライシロップは抗アレルギー薬に分類される、第2世代の...

≫続きを読む

 

花粉症やアレルギーのゼスラン錠ってアレグラとの併用はできる?副作用は

ゼスラン錠はアレルギーの原因となるヒスタミンなどの物質の作用を抑えて、喘息症状や鼻炎症状、かゆみなどアレルギーによる症状を改善する薬です。特に、くしゃみ、鼻水の改善に効果があります。そのため、季節性のアレルギーである花粉症の症状にも効果があるのでよく飲まれています。基本的は花粉症の始まる前から飲み始...

≫続きを読む

 

花粉症のジルテックドライシロップの副作用。子供への飲ませ方は?

ジルテックドライシロップはセチリジン塩酸塩を主成分としており、ヒスタミンH1受容体拮抗作用により、アレルギーによって引きおこされる症状を改善する薬です。2歳以上の子供から飲ませることの出来る薬で、小児にはアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症などの皮膚疾患に伴う、そう痒の治療に使われて...

≫続きを読む

 

花粉症の薬レミカットカプセルの強さと副作用

花粉症の方に処方される薬のひとつに「レミカットカプセル」という薬があります。レミカットカプセルはくしゃみや鼻水、かゆみなどのアレルギーの原因である、ヒスタミンの作用をブロックし、その働きを抑えることによりアレルギー症状を和らげる薬です。対症療法薬という、症状を表面的に和らげる薬ですので、アレルギーの...

≫続きを読む

 

皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類、副作用

ステロイド外用薬は体内で産生されるステロイドホルモンを人工的に合成して、アレルギー反応を抑えこんでくれる塗り薬です。皮膚に塗るステロイド外用薬の強さは次のようになります。強さは5段階で、強い順から1群のストロンゲスト、2群のベリーストロング、3群のストロング、4群のミディアム、5群のウィークと分けら...

≫続きを読む

 

肌荒れにはワセリンが効果的、それとも悪化する?

ワセリンはご自宅に1つはあるものではないでしょうか。皮膚炎の人にはおなじみですが、どういうものかわからないという人もいるかもしれませんね?ワセリンは肌荒れ時にも効果があります。ワセリンは石油ゼリーから不純物を取り除いてつくられた天然オイルです。石油はもともと植物脂から出来ているものです。無添加なので...

≫続きを読む

 

ディフェリンゲルは白ニキビを悪化させる?副作用は。

ニキビは思春期の頃から増え始め、悩んできた人も多いのではないでしょうか。ニキビケアの化粧品をいろいろ試したけど治らなかったという人もいらっしゃると思います。ですが、今はニキビは皮膚科で治す時代になっています。悩まれている方は是非皮膚科に足を運ばれてみてはいかかでしょうか?皮膚科での治療法のひとつにデ...

≫続きを読む

 

ニキビに処方されるダラシンゲルの効果と副作用

ニキビの悩みを抱える方はとても多く、若者だけでなく幅広い年齢層の方の悩みとなっています。予防法や治療法はたくさんありますが、自分で判断をしてしまわずに医療機関にて相談をすることも大切です。ダラシンゲルは医療機関で処方されることの多い薬となっており、ニキビを悪化させてしまうアクネ菌などを殺菌する作用が...

≫続きを読む

 

ディフェリンゲルとダラシンゲルの違いと塗る順番

ニキビ治療薬としてディフェリンゲルとダラシンゲルはとても有効なものとなっていますが、両者には大きな違いがあり理解をして使用していくことでより良い効果を実感できるようになります。ディフェリンゲルは初期のニキビを予防することができ、悪化させてしまうことを防ぐことができます。また毛穴を詰まらせてしまう角質...

≫続きを読む

 

花粉症の薬、セチリジンの副作用は。妊娠中の服用は出来るかなど

健康に生活する上で私達の体を細菌から守る役目の免疫はとても大事なのですが、現在はその免疫が働きすぎてアレルギー症状を引き起こす人が増加しています。特に花粉症においては、本来は無害の花粉が体内に入りこむと異物として検知し免疫が過剰に反応します。この反応が花粉を体外から追い出すための鼻水やくしゃみなどの...

≫続きを読む

 

花粉症の薬のムコサールとムコダイン、違いは?

病院で風邪になり鼻水や鼻づまりの症状を訴えた時によく処方されるのがムコサールやムコダインといった薬ですが、共に痰を切りやすくする薬として広く使用されています。しかし、似たような名前で一体何がちがうのでしょうか。この2つの薬の違いはその有効成分です。ムコサールの有効成分はアンブロキソール塩酸塩、一方の...

≫続きを読む