ゼスラン 花粉症 副作用

ゼスラン錠とアレグラとの併用について

ゼスラン錠はアレルギーの原因となるヒスタミンなどの物質の作用を抑えて、喘息症状や鼻炎症状、かゆみなどアレルギーによる症状を改善する薬です。

 

 

特に、くしゃみ、鼻水の改善に効果があります。そのため、季節性のアレルギーである花粉症の症状にも効果があるのでよく飲まれています。基本的は花粉症の始まる前から飲み始め、予防効果を高め、シーズンのうちは飲み続けなければいけません。

 

 

ゼスラン錠は抗ヒスタミン成分により、ある程度の即効性を期待できるようなので、毎年、花粉症に悩んでいる方にとっては必需品とも言えるでしょう。

 

 

ゼスラン錠の用法・用量は、年齢、症状によって異なるので、医師の指示に従って正しく飲んでください。症状が治らないからと言って1度に2回分飲んだりはしないでくださいね。

 

 

また、この薬を飲むことで症状を和らげたり、改善したりすることは出来ますが、アレルギー症状の原因自体の根本的な治療はできませんので、その点にはご注意ください。医師の指示のもと正しく飲めば、花粉症など、症状が和らぎ楽になる薬ですよ。

 

 

 

アレルギーの症状を抑える抗スタミン剤にはたくさんの種類があります。効果は人によってさまざまです。

 

 

アレルギー症状の強い方などは、1種類では効き目が弱い人もいます。その為に2剤以上の抗スタミン剤を併用している方もいます。

 

 

どのような薬が併用できるのでしょうか。例えば、ゼスラン錠とアレグラは併用することが出来ます。

 

 

ゼスラン錠はメキタジンを主成分としており、抗スタミン剤の中でフェノチアジン骨格に分類されています。アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を主成分としており、抗スタミン剤の中でピペリジン骨格に分類されています。

 

 

どちらもアレルギーを抑える効果がありますが、アレグラよりゼスラン錠の方が少し効果の強い薬です。その分少し眠気を伴う人もいます。

 

 

2剤以上併用する場合は、同じ分類の薬剤は選ばず、構造の違うもの同士を組み合わせて使います。そうすることにより、単独で飲むより、アレルギーを抑える高い効果が期待できます。

 

 

薬の効果には個人差があるので、効き目や副作用のことも考えながら、いくつか服用してみて自分に合うものを選んでいくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

花粉の季節や日焼けで敏感になった時使用している化粧水のレビューです↓↓

 

リザ

 

 

花粉症やアレルギーのゼスラン錠ってアレグラとの併用はできる?副作用は関連ページ

花粉症やニキビの薬、リザベンカプセルの副作用は
花粉症やアレルギーに処方される薬の効能や副作用のことなど
リザベン点眼液はコンタクトをしたままでも使用できる?
リサベン点眼液を正しく使うには?コンタクトレンズをしている場合の使用方法
リザベン点眼液は妊婦さんや子供(小児)でも使用できる?
リザベン点眼液を妊婦さんや小児が使用するときの注意
アイピーディーカプセルの効果と副作用について
アイピーディーカプセルの効能や副作用のことなど
ザジテンドライシロップで眠気や副作用の心配はあるの?
アレルギーの薬、ザジテンドライシロップの眠気と副作用
花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠の効能と副作用
花粉アレルギー薬のアゼプチン錠、効果や副作用は
セルテクトドライシロップの効能と副作用
アトピー、アレルギーの薬セルテクトドライシロップの効能と副作用について
花粉症のジルテックドライシロップの副作用。子供への飲ませ方は?
花粉やアレルギーの鼻症状に処方されるジルテックドライシロップの副作用と効能は
花粉症の薬レミカットカプセルの強さと副作用
抗アレルギー薬レミカットの強さと副作用について
皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類、副作用
ステロイドの効能と副作用について
肌荒れにはワセリンが効果的、それとも悪化する?
ワセリンの効果的な使用方法、悪化する原因は
ディフェリンゲルは白ニキビを悪化させる?副作用は。
ディフェリンゲルの副作用と白ニキビについて
ニキビに処方されるダラシンゲルの効果と副作用
ダラシンゲルの効能と副作用について
ディフェリンゲルとダラシンゲルの違いと塗る順番
ダラシンとディフェリンの違いと順番
花粉症の薬、セチリジンの副作用は。妊娠中の服用は出来るかなど
セチリジンの効能と副作用について
花粉症の薬のムコサールとムコダイン、違いは?
ムコサールとムコダインって名前が似ていますよね。