皮膚 ステロイド 副作用

皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類のこと

ステロイド外用薬は体内で産生されるステロイドホルモンを人工的に合成して、アレルギー反応を抑えこんでくれる塗り薬です。

 

 

皮膚に塗るステロイド外用薬の強さは次のようになります。強さは5段階で、強い順から1群のストロンゲスト、2群のベリーストロング、3群のストロング、4群のミディアム、5群のウィークと分けられています。

 

 

一般的に体に塗る強さは3群のストロングのものを使います。それを基準に皮膚に塗るステロイド外用薬の強さを調整していきます。

 

 

ステロイド外用薬は体の部位によって吸収率が違うので、これによって使う強さが調整されています。体には基本3群のストロングを使いますが、アレルギーの症状が強い場合は2群のベリーストロングを使います。吸収率の高い顔や陰部には、ミディアムを使うことが多いでしょう。

 

 

 

ステロイド外用薬はアトピーなどの症状にとても効果的の薬です。その反面、強さによって副作用も出やすいので気を付けて使うことが大切です。

 

 

 

皮膚に塗るステロイド外用薬の種類は、大きく分けて4通りあります

 

 

  • 一般的によく使われるのは軟膏ではないでしょうか。これは油脂性軟膏といい、皮膚保護、皮膚柔軟、痂皮軟化などの作用にすぐれており、どんな皮膚の状態にも使うことが出来ます。アトピーなどの時によく病院で処方されていますよね。ただ、塗った後にベタベタするのが難点です。

 

  • クリームは、使用感がよくべたつかず、また、水で洗い流すことができます。一方で皮膚への刺激性があり、湿潤面、滲出液を伴う症状には適しません。
  •  

     

  • ローションタイプも、使用感がよく、よく伸びるので被髪部位に使用しやすいですが、これも皮膚への刺激性があり、湿潤面、滲出液を伴う症状には適さないとのことです。
  •  

     

  • テープは密封により効果が増強されたり、保護作用がありますが、密封により感染症を起こすことがあります。

 

 

このように皮膚に塗るステロイド外用薬の種類もいろいろあるので、用途によって使い分けることが大切です。

 

 

ステロイドを使うとアレルギーの症状が抑えられるので有効ですが、副作用が怖いなどよく耳にしますよね。実際にはどのような副作用があるのでしょうか?

 

 

注意しなければいけない副作用は2つあり、1つは「皮膚の菲薄化・毛細血管の拡張」です。ステロイドはアレルギーを抑える代わりに皮膚の細胞増生も押さえてしまう働きがあり皮膚が薄くなります。こうして皮膚が薄くなるため皮下血管が透過され毛細血管が浮き上がってみえるようになります。

 

 

2つ目は、「にきび、ヘルペス、カンジダなど感染症に弱い」ということです。ステロイドは皮膚表面の免疫系の働きもアレルギーと一緒に抑えてしまい、にきびができやすくなってしまったり、感染症を悪化させることがあります。

 

 

ステロイドの効果が強い分、副作用も出やすいので、それを抑えるためには、必要以上に強いステロイドを使わず、また、使う量などにも気を付けることが大切です。ステロイドは医師の指示のもと、正しく使えばアレルギー症状を抑える効果は高いので副作用に怖がらないでくださいね。

 

Sponsored Link

 

 

 

アレルギー肌荒れに悩んでいる方に、ぜひ使ってほしいのはコレ!↓↓

 

リザ

 

 

皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類、副作用関連ページ

花粉症やニキビの薬、リザベンカプセルの副作用は
花粉症やアレルギーに処方される薬の効能や副作用のことなど
リザベン点眼液はコンタクトをしたままでも使用できる?
リサベン点眼液を正しく使うには?コンタクトレンズをしている場合の使用方法
リザベン点眼液は妊婦さんや子供(小児)でも使用できる?
リザベン点眼液を妊婦さんや小児が使用するときの注意
アイピーディーカプセルの効果と副作用について
アイピーディーカプセルの効能や副作用のことなど
ザジテンドライシロップで眠気や副作用の心配はあるの?
アレルギーの薬、ザジテンドライシロップの眠気と副作用
花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠の効能と副作用
花粉アレルギー薬のアゼプチン錠、効果や副作用は
セルテクトドライシロップの効能と副作用
アトピー、アレルギーの薬セルテクトドライシロップの効能と副作用について
ゼスランの副作用とアレグラの併用
ゼスランの副作用とアレグラの併用
花粉症のジルテックドライシロップの副作用。子供への飲ませ方は?
花粉やアレルギーの鼻症状に処方されるジルテックドライシロップの副作用と効能は
花粉症の薬レミカットカプセルの強さと副作用
抗アレルギー薬レミカットの強さと副作用について
肌荒れにはワセリンが効果的、それとも悪化する?
ワセリンの効果的な使用方法、悪化する原因は
ディフェリンゲルは白ニキビを悪化させる?副作用は。
ディフェリンゲルの副作用と白ニキビについて
ニキビに処方されるダラシンゲルの効果と副作用
ダラシンゲルの効能と副作用について
ディフェリンゲルとダラシンゲルの違いと塗る順番
ダラシンとディフェリンの違いと順番
花粉症の薬、セチリジンの副作用は。妊娠中の服用は出来るかなど
セチリジンの効能と副作用について
花粉症の薬のムコサールとムコダイン、違いは?
ムコサールとムコダインって名前が似ていますよね。