アイピーディーカプセル 効果 副作用

アイピーディーカプセルについて

アイピーディーカプセルは大鵬薬品工業株式会社が販売しているカプセル状の飲み薬です。

 

 

主成分はスプラタストトシル酸塩です。このスプラタストトシル酸塩はTリンパ球に作用することにより、抗アレルギー作用、免疫応答へ作用し、アレルギー反応を抑制してくれる効能を持ちます。

 

 

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の治療に使われています。ただし、すでに起こっている喘息発作や症状を速やかに軽減する薬剤ではありません。そのため、喘息の大発作が起こった場合は、適切な処置を行う必要があるので、すぐにかかりつけの医師の指示を受けるようにしてください。

 

 

 

アイピーディーカプセルは喘息の予防や花粉症などの季節性のアレルギーにも使われていたり、アトピーの方などに使われています。即効性はないのでアトピーなどには塗り薬と一緒に使うことが多いです。

 

 

 

アイピーディーカプセルはアレルギーの症状に直接効き目があるのではなく、アレルギーを改善していく薬です。

 

 

アイピーディーカプセルの副作用には主に胃部不快感、はきけ、眠気、発疹などがあります。発疹やかゆみなどの過敏症状が現れた場合は、薬の使用をやめてすぐにかかりつけの医師に相談をしてください。

 

 

他にも頭痛、ねむけ、吐き気、胃部不快感、下痢、口の渇き、月経不順、倦怠感、肝機能の異常、口内炎、腹痛、腹部膨満感、けいれん、振戦、しびれ、めまい、好酸球増加、白血球減少などが現れることもあります。このような症状が現れたときも、医師に相談してくださいね。

 

 

 

特に、全身倦怠感、食欲不振、白目や皮膚が黄色くなるなどの症状がでた場合は、「肝機能障害」の初期症状の可能性があります。また、尿量減少、全身の著明なむくみ、呼吸困難が起こった場合は「ネフローゼ症候群」の疑いがあります。

 

 

アイピーディーカプセルの服用した時だけに関わらずですが、副作用かなと疑った時には迷わず医師に相談されることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アレルギー肌荒れに悩んでいる方に、ぜひ使ってほしいのはコレ!↓↓

 

リザ

 

アイピーディーカプセルの効果と副作用について関連ページ

花粉症やニキビの薬、リザベンカプセルの副作用は
花粉症やアレルギーに処方される薬の効能や副作用のことなど
リザベン点眼液はコンタクトをしたままでも使用できる?
リサベン点眼液を正しく使うには?コンタクトレンズをしている場合の使用方法
リザベン点眼液は妊婦さんや子供(小児)でも使用できる?
リザベン点眼液を妊婦さんや小児が使用するときの注意
ザジテンドライシロップで眠気や副作用の心配はあるの?
アレルギーの薬、ザジテンドライシロップの眠気と副作用
花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠の効能と副作用
花粉アレルギー薬のアゼプチン錠、効果や副作用は
セルテクトドライシロップの効能と副作用
アトピー、アレルギーの薬セルテクトドライシロップの効能と副作用について
ゼスランの副作用とアレグラの併用
ゼスランの副作用とアレグラの併用
花粉症のジルテックドライシロップの副作用。子供への飲ませ方は?
花粉やアレルギーの鼻症状に処方されるジルテックドライシロップの副作用と効能は
花粉症の薬レミカットカプセルの強さと副作用
抗アレルギー薬レミカットの強さと副作用について
皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類、副作用
ステロイドの効能と副作用について
肌荒れにはワセリンが効果的、それとも悪化する?
ワセリンの効果的な使用方法、悪化する原因は
ディフェリンゲルは白ニキビを悪化させる?副作用は。
ディフェリンゲルの副作用と白ニキビについて
ニキビに処方されるダラシンゲルの効果と副作用
ダラシンゲルの効能と副作用について
ディフェリンゲルとダラシンゲルの違いと塗る順番
ダラシンとディフェリンの違いと順番
花粉症の薬、セチリジンの副作用は。妊娠中の服用は出来るかなど
セチリジンの効能と副作用について
花粉症の薬のムコサールとムコダイン、違いは?
ムコサールとムコダインって名前が似ていますよね。