アゼプチン副作用

花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠のこと

アゼプチン錠とはアゼラスチン塩酸塩を主成分としている薬です。

 

 

アレルギー症状を引き起こすロイコトリエンやヒスタミンの遊離を抑え、遊離してしまったこれらの作用も抑えてくれます。それにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状、気管支の収縮による呼吸困難、じんま疹やかゆみなど皮膚症状を改善してくれます。

 

 

アレルギー性鼻炎、気管支喘息、じんま疹、湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症などの治療に使われており、花粉症の症状にも使われています。

 

 

花粉症の治療の際はくしゃみや鼻水を抑えてくれる、抗ヒスタミン薬として使われています。

 

 

アゼプチン錠は出てしまった花粉症の症状を抑える薬というより、症状の発生を抑えるものだそうで、予防効果が期待できます。飲み始めは花粉の飛び始める2週間くらい前から始め、シーズン中は飲み続けるようにした方がいいでしょう。

 

 

それほど強力な薬ではなく、また副作用も少ないので続けて飲むことが出来ます。軽い花粉症の方はアゼプチン錠だけでも、十分効果が期待できる薬です。

 

 

アゼプチン錠は副作用はあまりないと言われています。しかし、まったくないわけではなく、いくつか報告されている副作用があるのでご紹介します。

 

 

報告されている副作用には、主に発疹、眠気、倦怠感、口渇、悪心・嘔吐、苦味感、味覚異常などがあります。副作用かなと気づいたら、かかりつけの医師や薬剤師にすぐに相談するようにしてください。

 

 

副作用の中で特に注意が必要なのは眠気です。薬を飲んだ後に眠気が出てきたら、危険な機械の運転は、重大な事故を起こしてしまう危険があるのでやめましょう。
車の運転もしない方が良いでしょう。

 

 

また、薬を飲んだ時にはお酒も控えてくださいね。眠気が強くなってしまうことがあります。

 

 

飲み合わせにより、眠気の副作用が出やすくなるものもあります。アゼプチン錠を飲んでいる時に、他の眠たくなるような副作用を持つ薬と併用すると、眠気が出やすくなります。

 

 

別の薬を飲んでいる時は、アゼプチン錠を処方してもらうときに医師に伝えるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

アレルギー肌荒れに悩んでいる方に、ぜひ使ってほしいのはコレ!↓↓

 

リザ

 

 

花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠の効能と副作用関連ページ

花粉症やニキビの薬、リザベンカプセルの副作用は
花粉症やアレルギーに処方される薬の効能や副作用のことなど
リザベン点眼液はコンタクトをしたままでも使用できる?
リサベン点眼液を正しく使うには?コンタクトレンズをしている場合の使用方法
リザベン点眼液は妊婦さんや子供(小児)でも使用できる?
リザベン点眼液を妊婦さんや小児が使用するときの注意
アイピーディーカプセルの効果と副作用について
アイピーディーカプセルの効能や副作用のことなど
ザジテンドライシロップで眠気や副作用の心配はあるの?
アレルギーの薬、ザジテンドライシロップの眠気と副作用
セルテクトドライシロップの効能と副作用
アトピー、アレルギーの薬セルテクトドライシロップの効能と副作用について
ゼスランの副作用とアレグラの併用
ゼスランの副作用とアレグラの併用
花粉症のジルテックドライシロップの副作用。子供への飲ませ方は?
花粉やアレルギーの鼻症状に処方されるジルテックドライシロップの副作用と効能は
花粉症の薬レミカットカプセルの強さと副作用
抗アレルギー薬レミカットの強さと副作用について
皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類、副作用
ステロイドの効能と副作用について
肌荒れにはワセリンが効果的、それとも悪化する?
ワセリンの効果的な使用方法、悪化する原因は
ディフェリンゲルは白ニキビを悪化させる?副作用は。
ディフェリンゲルの副作用と白ニキビについて
ニキビに処方されるダラシンゲルの効果と副作用
ダラシンゲルの効能と副作用について
ディフェリンゲルとダラシンゲルの違いと塗る順番
ダラシンとディフェリンの違いと順番
花粉症の薬、セチリジンの副作用は。妊娠中の服用は出来るかなど
セチリジンの効能と副作用について
花粉症の薬のムコサールとムコダイン、違いは?
ムコサールとムコダインって名前が似ていますよね。