セルテクトドライシロップ 副作用と効果

鼻水症状に処方された、セルテクトドライシロップについて

セルテクトドライシロップはアレルギー症状の原因となるヒスタミンなどの産生や放出を抑え、また、そのはたらきを妨げることによりアレルギー症状を和らげてくれます。小児の気管支喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、痒疹の治療などに主に使われています。

 

 

セルテクトドライシロップは抗アレルギー薬に分類される、第2世代の抗ヒスタミン薬です。第2世代の抗ヒスタミン薬とは1983年以降に発売されたもので、それ以前のものと比べると眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用などの副作用の少ないものを言います。

 

 

抗ヒスタミン薬なのでアレルギーの症状のくしゃみ、鼻水などに効き目があり、風邪のアレルギー症状にも処方されています。第2世代の抗ヒスタミン薬の中でも昔からある薬なので、小児科を含め、幅広い科で使われており、特に鼻水を和らげてくれるので、風邪薬としても飲まれています。

 

 

また、セルテクトドライシロップは花粉症にも効果があるようで、使われたことのある方も居るのではないでしょうか。

 

 

セルテクトドライシロップの副作用でよく眠気や倦怠感などが発生することがあります。眠くなくても集中力や注意力が低下することがあるので、薬を飲んだ後は車の運転を含め、危険のある機械を運転することは避けた方が良いでしょう。

 

 

 

安定剤など脳の神経をしずめる薬と併用したり、飲酒をすると眠気の副作用がでやすくなります。別の薬を飲んでいる時はかかりつけ医に相談し、飲酒は控えるようにしましょう。

 

 

その他の副作用として、下痢、発疹、浮腫、女性化乳房、硬直、眼球偏位、首のねじれ、攣縮、手足の震えなどが報告されています。これらの症状が気になったら医師や薬剤師に相談をしてください。

 

 

重い副作用はめったにありませんが、長く飲み続けるときは定期的に肝機能検査を受けたほうがよいとのことです。全身けん怠感、食欲不振・吐き気、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状がでたら、肝炎、肝機能障害、黄疸などの初期症状を起こしている可能性もあるので受診してください。

 

 

めまいや気分が悪くなる、呼吸困難になるなど、ショック、アナフィラキシー様症状を起こしたり、発熱、結膜充血・口唇びらん・咽頭痛などの粘膜症状、発疹などにより、皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死症になることもあります。

 

 

また、あざ、鼻血、歯ぐきの出血が見られるなどの血小板減少の副作用が出ることも、まれにみられるので、これらの症状が出た場合は直ぐに医師の診察を受けてください。

 

スポンサーリンク

 

 

大人だけではなく、子供さんの肌荒れにも使えます↓↓

 

リザ

 

 

鼻水症状に処方された、セルテクトドライシロップの効能と副作用は関連ページ

花粉症やニキビの薬、リザベンカプセルの副作用は
花粉症やアレルギーに処方される薬の効能や副作用のことなど
リザベン点眼液はコンタクトをしたままでも使用できる?
リサベン点眼液を正しく使うには?コンタクトレンズをしている場合の使用方法
リザベン点眼液は妊婦さんや子供(小児)でも使用できる?
リザベン点眼液を妊婦さんや小児が使用するときの注意
アイピーディーカプセルの効果と副作用について
アイピーディーカプセルの効能や副作用のことなど
ザジテンドライシロップで眠気や副作用の心配はあるの?
アレルギーの薬、ザジテンドライシロップの眠気と副作用
花粉症や咳止めの薬、アゼプチン錠の効能と副作用
花粉アレルギー薬のアゼプチン錠、効果や副作用は
ゼスランの副作用とアレグラの併用
ゼスランの副作用とアレグラの併用
花粉症のジルテックドライシロップの副作用。子供への飲ませ方は?
花粉やアレルギーの鼻症状に処方されるジルテックドライシロップの副作用と効能は
花粉症の薬レミカットカプセルの強さと副作用
抗アレルギー薬レミカットの強さと副作用について
皮膚に塗るステロイド外用薬の強さや種類、副作用
ステロイドの効能と副作用について
肌荒れにはワセリンが効果的、それとも悪化する?
ワセリンの効果的な使用方法、悪化する原因は
ディフェリンゲルは白ニキビを悪化させる?副作用は。
ディフェリンゲルの副作用と白ニキビについて
ニキビに処方されるダラシンゲルの効果と副作用
ダラシンゲルの効能と副作用について
ディフェリンゲルとダラシンゲルの違いと塗る順番
ダラシンとディフェリンの違いと順番
花粉症の薬、セチリジンの副作用は。妊娠中の服用は出来るかなど
セチリジンの効能と副作用について
花粉症の薬のムコサールとムコダイン、違いは?
ムコサールとムコダインって名前が似ていますよね。