花粉症(日焼け) 化粧水 しみる

もずの魔法のローション口コミ 効果|花粉症や日焼けの肌荒れに重宝してます!

花粉症や紫外線の強い時期は肌が荒れることが多くありませんか?

 

 

花粉症皮膚炎のわたしは、鼻や目だけはなく、肌も花粉症になってしまいます。あるとき突然症状が現れるので、自分は花粉症ではないからと油断している方も注意が必要です。

 

花粉紫外線2

 

 

花粉症や日焼けで過敏になった肌の対策には、基礎化粧水の選び方が本当に重要。化粧水の選び方を間違えると、肌荒れが改善されないだけではなく、悪化する恐れがあるのです。経験からもはっきり言えます。

 

 

化粧水選びは、肌への刺激がないこと、バリア力があること、保湿力があることの3点がポイントです。

 

 

肌の弱っている時期に刺激を与えると逆効果ですから、とにかく刺激のないものを選んでください。また、バリア力が強いものとは化粧水を塗った後に色素沈着の強い化粧品を塗り、洗い流した時にこの色が落ちればバリア力が強いと言えるでしょう。

 

 

※ただし、日焼け(紫外線)の肌荒れの場合は炎症を起こしているので、すぐに化粧水などつけたりはせず、冷やすことが第1です。肌が赤くなっている時は火傷の状態と同じで化粧水をつけると肌を傷ませ逆効果となります。まずは冷水タオルや氷などでしっかり冷ましてください。

 

 

ある程度ほてりが治まったら、化粧水でしっかり水分補給をしてくださいね。

 

 

過敏になっているお肌に、(わたしにとって)無くてはならないのがこれ!

 

花粉紫外線3

 

 

もずの魔法のローションは高い保湿効果で肌の乾燥(敏感肌)を防ぐことができます。全身に使用することができるため、乾燥の気になる部分にしっかりと塗り込むことでより良い効果を期待することができます。

 

 

◆詳しくは⇒もずの魔法のローション

 

 

慢性的な乾燥肌の方だけでなく、季節によってカサカサ肌となってしまう方にも適しており、肌の状態に合わせて3つのタイプを使い分けることでしっかりと肌のケアを行っていくことができます。

 

 

 

肌は乾燥が進むとひどい肌荒れとなってしまいひび割れとなってしまうこともあります。肌の健康を保つためには十分な保湿効果のあるもずの魔法のローションはとても有効なものとなっています。

 

 

花粉紫外線5

 

 

 

また週に1度ほどコットンなどにローションを含ませてパックのように使用することによって、ゆっくりと肌に有効成分を浸透させていくことができます。保湿効果の高いもずの魔法のローションは使用方法を工夫することで、より効果を高めていくこともできます。

 

 

 

口コミなどを参考にすることで自分の肌に合う適切な方法を確認することができるので、他のたくさんの方の意見を参考に使用方法を考えてみるのも良いと思います。日焼けをすると肌の水分が失われている状態になるので、優しくじっくりと化粧水を馴染ませ保湿してあげることが大切です。

 

 

花粉紫外線4

 

 

強くパッティングすると、肌を傷めてしまうので、叩いたたり、押し過ぎたりせずに包むように化粧水を馴染ませてくださいね。コットンを使う場合も、たっぷりの化粧水で摩擦しないように軽く押さえるように馴染ませます。顔パックなどもいいと思います。

 

 

 

日焼け後、肌を守るために正しい肌荒れ対策をしていきましょう!

 

◆もずの魔法のローションのお試し詳細はコチラ⇒公式サイト

 

 

もずの魔法石鹸

 

トライアルセットの中身はこんな感じになっています♪

 

花粉紫外線1
 

 

 

スポンサーリンク