紫外線 月別 量

紫外線量の月別の変化は?

紫外線の月別の量と強さ。

 

 

紫外線の量は太陽の日差しや太陽高度と大きく関係しています。そのため春から夏にかけて最も強くなり、逆に秋に弱まり始め冬にはとても小さくなります。

 

 

 

月別の量を確認すると気温が上がるに従って強くなっていく傾向が感じられますが、季節によっては紫外線の向きも異なるため、顔にダイレクトにあたってしまうことも多くなります。

 

 

年末年始あたりでは量自体は少なくなるものの、太陽高度が低くなり日中の紫外線の向きは斜めとなります。油断をしてしまいがちな季節でもあるため、冬の紫外線で肌を傷めてしまうことも珍しくはありません。

 

 

 

また月別の傾向としては最も暑さを感じられる8月や9月よりも、その手前の7月が最も強くなるものとなっています。そのため暑さを感じての対策ではなく、これからの季節を見据えての対策が重要となるため、6月あたりから外出時に気を配っておくことをおすすめします。

 

 

 

紫外線は季節や天候によって大きく左右されますが、月別の傾向を参考にすることでより有効な対策方法を検討していくことができます。向きや強さを確認してより良い対策を行っていくことをおすすめします。

 

 

 

紫外線の強さは日差しの強さに比例して大きくなります。そのため太陽光度の高くなる春から夏にかけてはとても強くなるため、しっかりとした対策を行っていくことが必要となります。

 

 

天候に左右されることも多くあるため、梅雨の時期は多くの紫外線が降り注ぐことはあまりありません。ですが、梅雨の合間の晴れの日にはとても強い状態となるので、外出時には油断をすることなく対策を行うことが大切です。

 

 

 

また紫外線の強さは暑さとは別物です。暑いからといって紫外線が多くなるわけではなく、太陽からの日差しによってより影響を受けやすくなります。

 

 

 

日差しが強くなる時期には少しずつ肌の露出も多くなるため、日焼け止めクリームやローション、日傘やサングラスなどを使用してできるだけ直接ダメージを受けてしまわないように工夫をすることが重要となります。

 

 

 

長時間強い紫外線にさらされるとシミやそばかすの原因となってしまうため、毎日のスキンケアと共に有効な対策を検討していくことをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

紫外線で肌が敏感になった時にこれが役立っています♪↓↓

 

紫外線敏感肌

 

紫外線の月別の量や強さの傾向について関連ページ

紫外線は春先になぜ強いの?夕方も注意!
春先に紫外線量が多くなる理由
紫外線アレルギーの症状は、顔だけに現れる場合がある?
紫外線アレルギーの顔の症状について
紫外線アレルギーに日焼け止めは効かない?
紫外線アレルギーは日焼け止めが効くか
紫外線アレルギーと薬の副作用について
紫外線アレルギーと治療薬
紫外線アレルギーの一般的な検査料金
紫外線アレルギーの検査費用ってどのくらい?