紫外線アレルギー 症状 顔だけ

日光でアレルギーが起きる理由って?

スギなどの花粉によって発症する花粉症がありますが、実は紫外線によって引き起こされる紫外線アレルギーもあります。

 

紫外線には、炎症の原因になるUVBとシミやシワの原因になるUVAがあります。紫外線アレルギーはこのUVAが原因となっています。紫外線アレルギーの方が少しでも紫外線を浴びると、むくみやじんましん、水泡などができてしまいます。また、肌の症状だけではなく、頭痛や吐き気、倦怠感などの症状も出るときがあります。

 

 

紫外線アレルギーがアレルギーを引き起こす反応は花粉症と同じです。花粉も、アレルギー物質に対しての抗体が一定の量を超えることによって発症しますが、紫外線アレルギーも同じく、毎日、少しずつ浴びていた紫外線に対して身体を守っていた抗体が一定の量を超えてしまった時に発症します。また、一度、発症してしまうと紫外線にあたるたびに発症するようになります。

 

 

紫外線アレルギーは薬剤の服用がきっかけで発症することもあります。少しの時間だけ紫外線を浴びて、肌に異常がでたり身体が不調に感じたりした時は、自己判断ではなく医療機関に足を運び原因を追究することが必要です。

 

 

紫外線アレルギーの一般的な症状

 

 

花粉症と同じくアレルギー物質に対しての抗体が一定の量を超えたときに発症する紫外線アレルギー。花粉症の症状の中には、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状がありますが、紫外線アレルギーにはどのような症状があるのでしょうか。

 

 

紫外線アレルギーの症状は、肌と身体の両方に現れます。主な症状として、まず、肌に起きる症状は、皮膚の赤味、蕁麻疹、水泡、発疹などの症状です。そして、身体に現れる症状は、倦怠感や頭痛、吐き気などの症状になります。

 

 

基本的には、紫外線を浴びてすぐ発症するアレルギーで、多い症状としては、紫外線を浴びてからすぐに蕁麻疹の症状が起き、その後赤く腫れてきます。そして、赤味などと共に痒みを伴うのも特徴の一つです。

 

 

紫外線アレルギーを、初めて発症した時は、少しわかりにくいかもしれません。しかし、皮膚科へ行き検査をしてもらうと、すぐに分かるアレルギーでもあります。皮膚に異常を感じたときは、皮膚科で早に検査をしてもらうようにしましょう。

 

 

 

紫外線アレルギーは顔だけに起こる場合がある?

 

 

少しの紫外線を浴びただけで発疹や蕁麻疹などの症状がでてしまう紫外線アレルギー。この紫外線アレルギーは、顔だけに症状がでる方もいらっしゃいます。なぜ、顔だけに症状がでてしまうのでしょか。

 

このような症状は、特に女性に多く見られます。原因の一つとして、日差しが強い季節に女性は基本的には紫外線対策でUVカット化粧品を使用することが多くなりますが、SPFが高い日焼け止めに使用される紫外線吸収剤が原因で起こる事もあります。

 

日焼け止めだけではなく、化粧品の成分が原因で起こる場合もあるので、そういった場合は赤味などが顔にでてしまいます。

 

 

また、内因的なものでいうと、女性の元々の身体が冷え症になりやすかったり、冷えからくる肩こりになりやすかったりしますが、その他に、元々女性は、日差しを浴びると顔が赤くなりやすい傾向があります。

 

紫外線アレルギーが顔だけに発症した際は、今ある化粧品を見直すことも改善方法の一つになります。

 

スポンサーリンク

 

 

紫外線敏感肌

 

紫外線アレルギーの症状は、顔だけに現れる場合がある?関連ページ

紫外線は春先になぜ強いの?夕方も注意!
春先に紫外線量が多くなる理由
紫外線の月別の量や強さの傾向について
紫外線量が増加する月は?
紫外線アレルギーに日焼け止めは効かない?
紫外線アレルギーは日焼け止めが効くか
紫外線アレルギーと薬の副作用について
紫外線アレルギーと治療薬
紫外線アレルギーの一般的な検査料金
紫外線アレルギーの検査費用ってどのくらい?