紫外線アレルギー 日焼け止め 効かない

紫外線アレルギーに日焼け止めは効くか

紫外線を浴びることによって起きる紫外線アレルギー。紫外線アレルギーの症状が出ないように日焼け止めは役に立つのでしょうか。

 

 

紫外線アレルギーが起きる元は、紫外線が原因で起こります。ですので、まずは、紫外線をカットすることが大切になります。そして、紫外線をカットするのに便利なのが日焼け止めです。しかし、紫外線アレルギー対策に日焼け止めを選ぶ際には注意が必要になってきます。

 

 

紫外線には、UVBとUVAがありますが、紫外線アレルギーを引き起こす原因となる紫外線はUVAといわれています。ですので、日焼け止めもUVAをカットしてくれるものでないと効かない場合があります。

 

 

日焼け止めに記載されているSPFや+の表示は意味があり、UVBを防ぐ指数がSPFで、UVAを防ぐ指数は+で表示されています。ですので、紫外線アレルギー対策で日焼け止めを購入する際は、+の表示が沢山あるものを購入しUVAが肌に届かないようにしましょう。

 

 

紫外線アレルギーの人はどのような日焼け止めを選ぶべきか

 

 

紫外線から肌を守るのに役立つアイテムの一つに日焼け止めがあります。日焼け止めは、紫外線アレルギーの方にとっては、なくてはならない必需品になりますがどのような日焼け止めを選べばよいのでしょうか。

 

 

日焼け止めもウォータープルーフタイプやジェル状のものまで沢山の形状があります。そして、日焼け止めの素材も一つではなく二種類あります。一つは紫外線吸収剤タイプで、もう一つは紫外線散乱剤タイプになります。

 

 

紫外線吸収剤タイプは、紫外線を一旦吸収した後で熱エネルギーに変換し肌に届かないようにするタイプで、紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返すタイプです。

 

 

それぞれ、メリットとデメリットもあり、紫外線吸収剤は白浮きはしにくいのですが刺激になりやすかったりします。紫外線散乱剤は、白浮きはしやすいですが低刺激で効果は長持ちします。

 

紫外線アレルギーの場合だと、日焼け止めはなくてはならないもので常に塗ることになります。ですので、紫外線散乱剤を使用したほうが肌への刺激は少ないでしょう。また、紫外線アレルギーはUVAをカットすることも重要ですので+指数が多いものを選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

紫外線で肌が敏感になった時にこれが役立っています♪↓↓

 

紫外線敏感肌

 

紫外線アレルギーに日焼け止めは効かない?関連ページ

紫外線は春先になぜ強いの?夕方も注意!
春先に紫外線量が多くなる理由
紫外線の月別の量や強さの傾向について
紫外線量が増加する月は?
紫外線アレルギーの症状は、顔だけに現れる場合がある?
紫外線アレルギーの顔の症状について
紫外線アレルギーと薬の副作用について
紫外線アレルギーと治療薬
紫外線アレルギーの一般的な検査料金
紫外線アレルギーの検査費用ってどのくらい?