紫外線アレルギー 薬 副作用

一般的に紫外線アレルギーの治療に用いられる薬

紫外線に当たると、顔や腕の外側にポツポツと発疹が出来る紫外線アレルギー。基本的には、一度発症すると治りにくいと言われているアレルギーですが、治療する際にはどのような薬を用いるのでしょうか。

 

 

紫外線アレルギーは、治療薬として主に塗り薬と飲み薬を用います。赤みやブツブツと発疹が出た際には、ステロイド剤の塗り薬を使用し、また痒みがある場合には痒み止めの抗ヒスタミン剤を使用します。また、飲み薬には、抗アレルギー薬が用いられます。

 

 

塗り薬や抗アレルギー薬以外の飲み薬としては、漢方を使用する場合もあり、急性蕁麻疹の第一選択薬として使用される事が多い十味敗毒湯や、痒みが強い場合や温熱蕁麻疹に効果があるといわれている消風散、また、寒冷蕁麻疹の治療にも用いられる葛根湯などを使用する場合もあります。

 

 

紫外線アレルギーは、食事療法も効果的と言われており、ビタミンB郡やビタミンC,パントテン酸などの栄養を日常の食生活に取り入れていく事も治療を助けることに繋がります。

 

 

紫外線アレルギーと薬の副作用

 

 

紫外線アレルギーは、太陽の光に当たることで起こるアレルギーです。発症の原因も様々あり、長く紫外線に当たっていない状態から紫外線を浴びて過敏に反応した結果起きてしまったり、ホルモンバランスの崩れで起きてしまったりします。

 

 

私達は、病気をした時などは病院へ足を運び薬を処方してもらいますが、服用している薬の中に紫外線に反応するような原因物質があり、それが皮膚に存在した時に紫外線を浴びると副作用として紫外線アレルギーを引き起こすこともあります。

 

 

紫外線アレルギーを引き起こす可能性の高い薬剤は、抗てんかん剤の薬のテグレトールや、筋弛緩剤の薬のアロフト、抗ヒスタミン剤の二ポラジンなどです。また、ニューキノロン系抗菌剤や利尿剤の中にも、紫外線アレルギーを引き起こす可能性があるものがあります。

 

 

また、薬だけではなく、光毒性があるソラレンを多く含むセロリやドクダミなどの食品によっても紫外線アレルギーが引き起こされる場合があるので、お出かけ前にはソラレンを多く含む食品の摂取は控えるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

紫外線で肌が敏感になった時にこれが役立っています♪↓↓

 

紫外線敏感肌

 

紫外線アレルギーと薬の副作用について関連ページ

紫外線は春先になぜ強いの?夕方も注意!
春先に紫外線量が多くなる理由
紫外線の月別の量や強さの傾向について
紫外線量が増加する月は?
紫外線アレルギーの症状は、顔だけに現れる場合がある?
紫外線アレルギーの顔の症状について
紫外線アレルギーに日焼け止めは効かない?
紫外線アレルギーは日焼け止めが効くか
紫外線アレルギーの一般的な検査料金
紫外線アレルギーの検査費用ってどのくらい?