紫外線アレルギー 検査 料金

日光で湿疹…?もしかしてアレルギーと思ったら

急に発症する方も多い紫外線アレルギー。紫外線アレルギーの治療はどのような方法があるのでしょうか。

 

まず、紫外線アレルギーを起こす引き金となるのは紫外線になります。ですので、発症後はとにかく紫外線から肌を守るように心掛けます。また、服用している薬が原因になっている事もあるので、その場合は原因となっている薬から別の薬へ変更することも必要になります。

 

 

症状が出た時には、痒みがある場合は抗ヒスタミン剤の塗り薬、また、赤みやブツブツがある際にはステロイド剤の塗り薬で治療しますが、治療後も紫外線アレルギーを引き起こさないように日焼け止めをしっかり塗る事も必要です。

 

 

紫外線アレルギーの主な原因となっているのはUVAになるので、日焼け止めを選ぶ際には、パッケージに+の表示が多いものを選択するようにしましょう。また、日焼け止めも素材が肌にマイルドな紫外線散乱剤を選ぶようにしましょう。

 

 

紫外線アレルギーの検査方法

 

紫外線アレルギーは原因も様々です。一度、発症するとなかなか治りにくいとされているアレルギーでもあり、発症後は紫外線に当たらないようにするなどの注意も必要なので紫外線アレルギーが疑われる場合は医療機関で検査を行い認識しておく必要があります。

 

 

検査を行いたい時には、皮膚科の専門医に診てもらうようにします。基本的な検査方法は、光線過敏症検査をが行われます。検査内容は、基本的にはUVBやUVAの光線を背中などに直接照射し皮膚の反応をみます。この検査異常がみられたら、血液検査やパッチテストなどを行います。

 

 

紫外線アレルギーの症状としては、肌に湿疹ができたり、皮膚が赤く腫れたりむくんだり、また頭痛や吐き気があることもあります。紫外線を浴びてこのような症状が出た時には早めに医療機関に足を運ぶようにしましょう。

 

 

紫外線アレルギーの一般的な検査料金

 

くしゃみや鼻水などの花粉症のアレルギー症状は耳にすることも多いですが、紫外線を浴びることによって、痒みや赤み、また頭痛や吐き気の症状が起きる紫外線アレルギーというものもあります。

 

 

この紫外線アレルギーは、初めて発症した場合であれば、食べ物が原因でなったのか、何かにまけて、できてしまったのか分かりにくいところでもありますが、どちらにしろ早めに皮膚科などの医療機関で検査を行う事が必要です。

 

 

検査方法や検査料は花粉症などと異なります。花粉症の検査は、血液検査や皮膚検査、目と鼻の検査を行い、検査料金は大体3000円前後位になります。紫外線アレルギーの検査は、背中やお腹などにUVBやUVAの紫外線を照射し皮膚の反応を見る検査や血液検査、また、パッチテストなどを行い、検査費用は大体4000円から5000円位になります。

 

 

検査方法や検査料金は、その時の症状や病院によっても異なる場合がありますので、気になる方は病院へ足を運ぶ前に確認をとっておくと安心です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

紫外線で肌が敏感になった時にこれが役立っています♪↓↓

 

紫外線敏感肌

 

紫外線アレルギーの一般的な検査料金関連ページ

紫外線は春先になぜ強いの?夕方も注意!
春先に紫外線量が多くなる理由
紫外線の月別の量や強さの傾向について
紫外線量が増加する月は?
紫外線アレルギーの症状は、顔だけに現れる場合がある?
紫外線アレルギーの顔の症状について
紫外線アレルギーに日焼け止めは効かない?
紫外線アレルギーは日焼け止めが効くか
紫外線アレルギーと薬の副作用について
紫外線アレルギーと治療薬